Trp001

コールマンヘキサタープとスクリーンタープを徹底解説!

アウトドアの天候を布1枚で耐えるキャンピングギアで、テントが就寝スペースだとしたらタープはリビングにあたります。tarpaulinがその由来と言われており、日本語では「防水布」と直訳されます。設置方法やペグの使い方に不安を抱いているキャンパーは多いですが、実際1度使い方を覚えてしまえば簡単に操ることができるようになります。大別するとヘキサタープとスクリーンタープに分けられます。

【ヘキサタープ】

2本のメインポールでリビングスペースを確保するヘキサタープ。解放感が抜群でカンタンな設営とコンパクトな収納が魅力的!風通しがよく自然を十分に感じたいキャンパーにおすすめ。1枚布なのでフレキシブルに形状を変化させることができ、低くすれば、ロースタイルで、サブポールを使えば空間を広々と作ることができます。

コールマン タープ XPヘキサタープ


photoby mint green annex

広さが十分にあるタープである程度使い方に慣れて来たら1人でも設営が可能です。さらにサブポールが標準装備されているためタープの張り方を色々とアレンジして、入り口を広くしたり、雨風を防ぐよう低くしたりお好みのタープが張れます。

コールマン タープ ヘキサライト2


photoby 節約キャンプ体験記 2nd

直径25mmの太めポールを採用しているので、コンパクトながら強度が強いのが売り!2人使用だと広々と使用でき、4人使用だとちょうどよい大きさになります。おしゃれなツートンカラーも魅力の一つです。

コールマン タープ ウィンズライトヘキサタープ


photoby ノーマルブログ

ウインズライトドームと連結できるタープ。色鮮やかでキャンプ場で目立つことなし。

【スクリーンタープ】

通気性を確保しながらも虫の侵入を防いでくれるタープ。また居住性が高く、温かさを確保できるので冬キャンプにはありがたいタープです。閉塞感がある空間がお好きなキャンパーにはこちらがおすすめです。

コールマン タープ スクリーンキャノピージョイントタープ3


photoby そろそろキャンプ

コールマン タープ ラウンドエアスクリーン/400

コールマン タープ ドームスクリーンタープ/380

コールマン タープ トンネルコネクトスクリーンタープ2

【タープ設置に役立つグッズ】

タープを設置する際に役立つグッズです。

【ガイロープ】


photoby Stay
日本語で書くと「張り網」。タープをピンッと貼った緊張状態を作り出すために必要です。

【自在フック】


photoby たけちゃんの徒然ブログ
ガイロープの緊張状態を調整するために使うフック。最初は緩い状態でキープしておき、ペグダウンしてから調整します。

【サブポール】


photoby インドア家族の「とりあえず外でてみよっか」
メインポールとは違う使い方をするポール。このポールを設置することで広々空間のタープを設置することができます。上の写真でいうところの黒いポールです。(白いポールがメインポールです。)

【タープの貼り方】の前に

まず設置場所を決めます。実はこれがすごく重要で設置場所を間違えるとタープとして機能しませんので注意してください。設営場所を決めるポイントとしてはまず「水はけ」です。まずじめっとしている湿気が高いところは避けた方が良いです。土が緩い可能性が高く、ペグを固定しづらいですし、雨が降った時は水たまりが身近にできてしまい、キャンプを楽しむうえでは不都合です。水の流れた後や水たまりの後がないか事前にチェックしておきましょう。次に「風下」です。タープの入り口が風下に向くように立てます。風下とは、ニュアンスが若干わかりづらいのですが、例えば、風が吹いてくる方法に向き、風が直接当たる場合、正面が風上、背後が風下です。そういったポイントから風下に入り口がくるように設営しましょう。そうすることで埃や煙がタープ内に吹き込まれるのを防ぎ、タープの外に吹き出してしていきます。

【タープの貼り方】

1.ポールを組み立てます。折り畳み式になっているので、ポールを組み立てます。

2.センターポールにタープとロープをひっかけます。

photoby denの段だらウォーキング日記 4冊目
3.片方をペグダウンします。2人以上で設営を行う場合は、一人がセンターポールを持ち、一人がピンッと張った状態でペグダウンします。

photoby まーいいか
4.1本目が自立したらタープを目いっぱい張り、タープが緩まないよう注意しながらもう一方をペグダウンします。同じように四角をペグダウンすれば完成!
(※ペグダウン後、均一に引っ張られるよう自在フックを調整してください。)

photoby 「原点」と「頂点」

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。キャンプではリビング空間を作るために必要不可欠なタープ。これで雨が降ってきても楽しいキャンプができます。ヘキサタープに関しては高さや貼り方を自由にコントロールできるため、スタイルによってアレンジしたタープの貼り方を楽しめそうです。

ピックアップ記事

  1. eyecatch001
    小野寺 祐人1987年生まれ。愛知県生まれ、福岡県在住。株式会社movee代表。「アウトドア…
PAGE TOP