スキレット餃子アイキャッチ画像

スキレット餃子レシピを紹介。具材は手作り!

ロッジスキレット6と1/2で焼く手作り餃子の作り方を紹介します。餃子は具から手作りでスキレットとバーベキューグリルを使って炭火で焼き上げています。キャンプで楽しめるスキレットを使った餃子レシピを丁寧に紹介します。まずは使う食材からですが、

牛挽き肉200g、餃子の皮、キャベツ1/8、ニラ1束、生姜1かけ、にんにく1粒です。調味料は醤油小さじ1杯、酒小さじ1杯、砂糖2つまみ、塩2つまみ、片栗粉小さじ1杯を使います。

しょうがやにんにくはチューブでも良いですが、より美味しく作るためには生のものを使ってください。
スキレット餃子の食材
それでは早速餃子を作っていきます。
1.キャベツ1/8を一度水洗いして、みじん切りにします。
キャベツのみじん切り
2.ニラ1束をみじん切りします。ニラは水洗いすると香りが弱くなるので、そのまま切ってください。
ニラのみじん切り
3.ひき肉をシェラカップ(ボールでも可)に移し、その上から皮を剥いたしょうがとにんにくをすり下ろします。
しょうがのすりおろし
とてもいい香りがします。次はニンニクです。にんにくは根元をカットすると皮が剥きやすくなります。
にんにくのすりおろし
すり下ろしにんにくはなかなか強めの香りがします。
4.すりおろしたしょうが、にんにく、醤油小さじ1杯、お酒小さじ1杯、砂糖、塩2つまみをシェラカップに入れて手で捏ねていきます。
餃子の具材作り
5.粘り気が出るまで混ざったらみじん切りにしたキャベツとニラを追加投入して混ぜ合わせます。こぼさないように注意しながら混ぜ合わせてください。
餃子の具材
6.片栗粉を投入して再度混ぜ合わせます。
餃子の具材に片栗粉
片栗粉が具材の隅々まで行き渡ったら具材の完成です。
餃子の具材
今まで作ってきた具材を餃子の皮で包んでいきます。準備するものは、餃子の具材、お水、餃子の皮です。
餃子を包む
7.餃子の具をスプーンですくって皮の真ん中に落とします。次に人差し指に水を付けて、皮の淵を半周分、水を付けた人差し指でなぞります。
手作り餃子
8.皮を重ね合わせるようにして具材を閉じ込めます。皮を少しつまんでひだを作るように作ります。最初は苦戦しますが、だんだん慣れてきます。
手作り餃子
これで1つ完成です。具材がなくなるまでひたすら餃子を作っていきます。
手作り餃子完成
出来上がりました。売っている餃子の皮は薄いので中身が透けて見えます。

それでは、いよいよスキレットで餃子を焼いていきます!

今回はロゴス社のバーべキューグリルコンパクトを使い炭火でスキレット餃子料理を実践します。まずはスキレットに油をひいて熱してください。
スキレットに油
スキレットが熱くなってきたら早速餃子を投入します。フタがあればフタをしましょう。
スキレットにフタ
炭火はきれいな赤色です。この炭火が餃子を美味しくしてくれます。
ロゴスバーベキューグリルコンパクトでスキレット餃子
焦げ目が付いたらひっくり返してもう一方も焼いてください。餃子を投入してから2,3分くらいで焼きあがります。
スキレットで焼く餃子の完成
綺麗な焦げ目です。完成です。餃子の具にしっかりと味が付いているので、タレは醤油に一味唐辛子を少々。シンプルなタレで十分です。
スキレット餃子を食べる
実際に食べてみると牛挽き肉の肉汁がたっぷりとあふれ出くるのと同時にしょうが、にんにくの新鮮な香りが口いっぱいに広がります。さらに片栗粉を混ぜ込んでいるので、具材がまとまっていてとても美味しいです。
スキレット手作り餃子
スキレットは蓄熱性が高いため餃子が短時間でアツアツに美味しく焼きあがります。ガスコンロでも美味しく焼きあがりますので、ご自宅でもスキレット餃子をぜひ試してみてください。

こんなスキレットレシピがあります。
・スキレットで手作りピザを焼いてみた。
・ロッジスキレットでラムチョップ香草パン粉焼を調理!
スキレットで作る極旨エビアヒージョ

ピックアップ記事

  1. バウルーシングル
    アツアツ、カリカリで美味しいホットサンドはしっかりしたご飯になるし、またビールやワインのおつまみとし…
  2. eyecatchyunisera001
    コンパクトな3,4人用のバーベキューグリルユニセラTGを使って火をおこし、アルミホイル料理と炊飯料理…
PAGE TOP