eyecatchsmore

キャンプコーヒーに合うデザート「スモア」に挑戦!

キャンプやアウトドアで飲むコーヒーが美味しいのはもはや常識ですが、せっかく美味しいコーヒーを飲むなら、美味しい「コーヒー受け」も一緒に食べたい!ということで、

今回はキャンプコーヒーに合うデザートとしてスモアを紹介します。

そもそもスモアの語源ですが、まだこのデザートに名前がない頃にこれを食べたアメリカの子供たちがあまりにも美味しいので「Some more!(もっとちょうだい!)」と連呼したので、これが縮まってスモアと呼ばれるようになったと言われています。

では、「もっとちょうだい!」を連呼したくなるこのスモアは一体どんなデザートなのでしょうか。

順を追って紹介していきます。まず使う食材と道具ですが、絶対的に必要なものがです。炭でも薪でも良いのですが、炎は用意してください。今回はバーベキューグリルを使って炭を燃やしました。火力はあまり強すぎない方がよく、炎が上がってるなー程度の火力で大丈夫です。写真ぐらい、オレンジ色の炎が燃え上がっていればOKです。
campcoffee004
食材はマシュマロ、チョコレート、クラッカーです。スーパーにはフレーバーや味が付いたものがありますが、今回はオーソドックスな商品を選びました。道具はバーベキューグリル(か、焚き火台)と鉄串です。
campcoffee001
それではスモアを作っていきます。
1.まずはクラッカーを取り出して、その上に一口サイズのチョコレートを置きます。
chocoloate smore
2.鉄串をマシュマロに刺して、マシュマロを慎重に炎に近づけていきます。マシュマロが少し焼かれ出したら、串をクルクルと回して全体に焦げ目を付けていきます。焦げ目がなかなかつかなくても焦ってはいけません。焦って近づけすぎると、黒焦げになります。↓これはアウトです!
campcoffee008
マシュマロは外が砂糖でできているので、火が移ると急激に焦げてしまいます。慎重に、慎重に。では再度挑戦します。
campcoffee014
いい具合で焦げ目がつきました。このマシュマロは外がカリッと中がフワフワでこのまま食べてもびっくりするくらい美味しいですが、このマシュマロを先ほど準備したクラッカーの上に。
campcoffee015
そしてその上にクラッカーを置いて、マシュマロとチョコレート挟みこみます。
campcoffee016
横から見るとこんな感じ。トロトロになったマシュマロが中からこぼれ落ちそうです。マシュマロの熱がチョコレートに伝わってチョコレートも絶妙な溶け具合に。

美味しいに決まっています。

左手にはスモア、右手にはコーヒー。至福のキャンプコーヒータイムです。
campcoffee017
いかがでしたでしょうか。今回はスモアを紹介しましたが、ギアポストしては、マシュマロは火にあぶって食べるのが一番美味しい食べ方だと確信しています。そのまま食べるのは味気ないですが、火で炙るとびっくりするくらい美味しいデザートに様変わりします。もし試したことがないなら自宅のコンロでもいいので、ぜひチャレンジしてください。感動しますよ。
他にはこんなデザートもあります。バーベキューで楽しめるデザートです。
加熱されたチョコバナナ
http://キャンプコーヒーに合うデザートの焼きチョコバナナを写真付きで解説

厳選したキャンプコーヒーに関する道具はこちらで紹介しています。
厳選したおすすめキャンプコーヒー道具!

ピックアップ記事

  1. バウルーシングル
    食材を食パンに挟み、一気に焼き上げるホットサンド。挟んだ食材たちが見事に組み合わさったホットサンドレ…
  2. eyecatchyunisera001
    コンパクトな3,4人用のバーベキューグリルユニセラTGを使って火をおこし、アルミホイル料理と炊飯料理…
PAGE TOP