img_2919

【画像付き】和風な納豆チーズと大葉の直火ホットサンドレシピ!

ホットサンドは洋風食材を使うことが多いですが、今回は和風食材を使ったホットサンドです。ホットサンドメーカーは直火式のバウル―ダブル。

食材は納豆2パックと大葉2枚、ナチュラルチーズ適量、調味料には醤油小さじ2杯。

納豆は大粒より小粒の方がおさまりが良いのでひきわり納豆を使います。
和風ホットサンドの材料
ではレシピを紹介しながら実際に作っていきます。
1.納豆をパックから取り出して混ぜます。1パックだと少なすぎるので、2パック使います。ある程度混ざって粘り気が出てきたら醤油小さじ2杯を入れてさらに混ぜていきます。混ぜる回数はお好みで、自分が好きな状態になるまで混ぜてください。ちなみに納豆は混ぜる回数が増えるほど旨味が増えますが、300~400回ぐらいで旨味の増加量は頭打ちになるそうです。それ以上は粒が崩れて食感が悪くなるので、300~400回がベストみたいです。
まぜた納豆
2.大葉2枚をみじん切りします。(みじん切りですが、細かく切る必要はありません。)納豆が入っている容器にカットした大葉とチーズを入れてざっくりと混ぜ合わせます。混ぜているだけでカットした大葉の良い香りが漂ってきます!
チーズ、大葉、納豆を混ぜ合わせる
3.混ぜ合わせた具材を食パンの上にのせます。2パック分の納豆を使いましたが、全てのせるとパンからはみ出てしまうので、2割ほどは残しました。茶色、黄色、緑色が混ざり合って色合いがきれいです。
和風ホットサンド
4.では焼いていきます。先ほどの食パンをホットサンドメーカーに乗せてもう一枚の食パンを上にかぶせて、途中で具材がこぼれないようにパンの耳をギュッと押し込み、表裏を各1,2分ほど焼きます。
和風ホットサンド
5.それぞれこんがりと焼き目が付いたら火から下ろします。いい感じでこんがり焼き色がついていますね。ホットサンドは中身が見れるよう垂直にカットします。
ホットサンドの焼き目

カットした断面がコチラ。

納豆チーズと大葉のホットサンド
色鮮やかな具材があふれ出てきそうです。カラーリングがとてもいいホットサンドになりました。
実際に食べると、納豆と溶けたチーズが良く絡み合い、さらに香りが強い納豆とチーズを少量の醤油が上手にまとめています。また時々香ってくる大葉の香りがアクセントとなるので、飽きることなく食べ続けることができます。
納豆チーズと大葉のホットサンド
いかがでしたでしょうか。日本の伝統食材の納豆と醤油、大葉をパンに挟んだ和風ホットサンドです。これがまたよく合いますので、時々はパンに納豆で朝食というのも良いのではないでしょうか。ぜひぜひお試しください。

他のバウル―ダブルレシピはこちら→バウルーダブルレシピ集

ピックアップ記事

  1. バウルーシングル
    食材を食パンに挟み、一気に焼き上げるホットサンド。挟んだ食材たちが見事に組み合わさったホットサンドレ…
  2. eyecatchyunisera001
    コンパクトな3,4人用のバーベキューグリルユニセラTGを使って火をおこし、アルミホイル料理と炊飯料理…
PAGE TOP