ポーレックスセラミックミニ

キャンプコーヒーミル・ポーレックスセラミックミニを画像付きで徹底解剖!

キャンプや登山などアウトドアで手軽にコーヒー豆を挽けるコーヒーミル。

その中でも王道的商品であるポーレックスセラミック。

セラミックやシリコンを使った製品開発に強いジャパンポーレックス社が製造・販売を行うこの商品は無駄のないシンプルなデザインと製品構造が評判です。ポーレックスセラミックスにはノーマルサイズとミニサイズがありますが、今回はこのポーレックスセラミックスミニを徹底解剖していきます。まずこのポーレックスセラミックスは横文字なので、外資系の日本法人のようなイメージがありますが、大阪に本社を置く老舗の日本企業です。今日では一般的になっているセラミック刃を活用した塩、コショウなどのミル、セラミック製おろしなどを25年前から販売しているメーカーさんで、そのセラミックのノウハウを持つ企業が設計・開発したポーレックスセラミックミニを画像付きで徹底解剖します。まずはその外観から。
ポーレックスセラミックミニ

この見事なコンパクト感は圧巻です。

これでコーヒー豆が挽けるのか?と思うぐらい小柄なコーヒーミルです。本体が小柄な点はもちろんですが、要はハンドル!サイドに収納できるようになっているので全体的なコンパクトさを実現しています。
ポーレックス セラミックコーヒーミルとマグカップを比較
直径5cmで高さ13.5cmなので、このようにマグカップと比べると高さにさほど違いはなく、幅に関してはかなり細いです。
ポーレックス セラミックコーヒーミルとタバスコ
本体はタバスコよりも短いです。室内にあっても全く場所を取らない手動コーヒーミルです。
ではこの

コーヒーミルをまずは大きく分けてみます。

ポーレックス セラミックコーヒーミルを分解
左から反時計回りに紹介しますと、まずは本体上部です。ここにコーヒー豆を入れます。(後程、実演します)真ん中下は本体下部。挽いたコーヒー粉がここに落ちてきます。そして右側はハンドル。ハンドルをグルグル回すことで豆を挽きます。最後は蓋です。挽くときに豆はあちらこちらに飛び散りますので、蓋は必須です。大まかにはこの4つの部品が組み合わさっています。

では実際にコーヒー豆を挽いていきます。

ポーレックスセラミックミニにコーヒー豆
まずは本体上部にコーヒー豆を入れます。コーヒー豆はマックス20gまで入れれます。
ポーレックスセラミックミニ
次に蓋に突起物があるので、そこにハンドルをはめてグルグル回します。ハンドルが長いため、遠心力で働き、回しやすい構造になっています。まっさらな状態のコーヒー豆なので最初は固いですが、徐々に挽きやすくなっていき、全て挽き終わると手ごたえがなくなるのですぐにわかります。
ポーレックスセラミックミニで挽いたコーヒー粉
本体下部にコーヒー粉が溜まります。あとはフィルターに入れて普段通りドリップすれば挽きたての美味しいコーヒーが出来上がります。セラミック刃なので、コーヒーに金属臭さがありませんし、刃が錆びる心配がないので末永く使えます。
そしてこのポーレックスセラミックミニですが、

なんとうれしいことに挽き方が細挽きから粗挽きまで調整できます。

調整する箇所はここ!
ポーレックスセラミックミニの刃
このひし形を右に回せば細挽きになります。極限まで右に回して試した結果がこちら。
ポーレックスセラミックミニの細挽き
きめ細かいコーヒー粉になっていますので濃いドリップコーヒーになります。細挽きなので挽き切るために力と時間がかかります。
次に極限まで左に回した結果がこちら。
ポーレックスセラミックミニの粗挽き
すぐに挽き終わりましたが、粉はかなり荒いです。豆のかけらのような大きい粒がチラホラあります。
ポーレックスセラミックミニの挽き方
両方を比較すると一目瞭然。両極端の挽き方を試しましたが、あくまでこれは違いを分かってもらうためなので、ここまで極端な挽き方をする方は少ないでしょう。だいたい真ん中の位置で挽けば間違いないです。あとはご自身の好みに合わせて挽き方を調整してください。
最後にポーレックスセラミックミニのお手入れ方法です。
長く使っているとどうしても刃の部分に粉の残りが付着していきます。古い粉を残しておくと酸化してしまい、翌回のコーヒーの味にも影響が出ますので、定期的なお手入れが大切です。
ポーレックスセラミックミニの刃の手入れ
刃の部分を分解するとこのようになります。(さきほどのひし形を左に回し続ければ分解できます。)セラミック刃は水洗いができますので、分解した刃は水を付けた歯ブラシで丁寧に磨いてください。そして磨き終わって乾燥させればお手入れは終了です。

【最後に】

いかがでしたでしょうか。持ち運びやすい点以外にも、粗挽き、細挽きに対応、セラミック刃なので味を損なわず掃除しやすいという優れた特徴があります。キャンプコーヒーミルの定番はやはりポーレックスセラミックミニです。

キャンプコーヒーで使いたいおすすめのコーヒー道具はこちらで紹介しています!→厳選したおすすめキャンプコーヒー道具!

ピックアップ記事

  1. バウルーシングル
    食材を食パンに挟み、一気に焼き上げるホットサンド。挟んだ食材たちが見事に組み合わさったホットサンドレ…
  2. eyecatchyunisera001
    コンパクトな3,4人用のバーベキューグリルユニセラTGを使って火をおこし、アルミホイル料理と炊飯料理…
PAGE TOP