シングルバーナーとトランギアケトル

キャンプコーヒー愛好家にトランギアケトル人気な理由

トランギア社はクールなデザインで人気を博しているスウェーデンのメーカーですが、そのトランギア社のケトルはキャンプでとても人気。今回はその特徴を紹介していきます。まず見た目。

デザインがシンプルでかっこいい。

トランギアケトル
とてもシンプルで無駄のないデザインのケトル。表面にはトランギアのロゴが小さく刻印されているだけ。余分なデザインを省いたシンプル最優先のデザインですが、一方で高品質なバージンアルミで作られているため、とても高級感があります。北欧メーカー特有のごちゃごちゃしないデザインはキャンプメーカーでも同様です。

しかしながらトランギアケトルの特徴はデザインだけではありません。

むしろ愛されている理由は機能にあります。

まずは収納性。

底が平らになっているので、リュックに詰める際はムダなスペースを作らないため効率的な収納ができます。
トランギアケトルの裏側
さらにケトルのフタをあけると中にもスペースがありますので、ここに小物を収納することが可能です。自らはムダなく収納され、他のギアも収納できることから一石二鳥のキャンプ向けケトルです。

次は取っ手。

この細い取っ手は「いかに楽にお湯を注ぐか」をコンセプトで作られたかのような取っ手です。直立させるとそのまま固定して安定してくれるので、注ぐときに不安定になることがありませんし、
火を当てたケトル
実は尖がった特有の形状が「注ぎやすさ」をサポートしてくれます。一般的なケトル(やかん)の取っ手は普通真ん中を持つよう作られていますが、トランギアケトルは真ん中が尖っているので、「注ぎ口から遠い直線部分」を持つことになります。下の写真の場合、左側に注ぎ口があるため右下がりの部分を持つことになりますが、注ぎ口から遠いところを持つほど楽にお湯が注げますので、真ん中を持つよりもすごくラクです。このようにトランギアケトルは取っ手にもこだわっています。
トランギアケトル取っ手の形状
つらつらとこのケトルの素晴らしさを書いてきましたが、最後にして最大のポイントを紹介します。それは

注ぎ口です。

この丸っこい注ぎ口は湯量の調整がしやすく、湯切れが抜群に良いです。ポタポタと垂れることもありません。お湯をちびちび注げるので、外で本格的なドリップコーヒーを飲みたいときにはこのトランギアケトルです。コーヒー好きのキャンプ愛好家にはこのケトルは特におすすめです。
ケトルの注ぎ口
このトランギアケトルには0.6ℓ、0.9ℓ、1.4ℓがあり、サイズによって若干形状が変わります。ソロ使用は0.6ℓ、2人使用であれば0.9ℓ、それ以上は1.4ℓを選ぶとよいでしょう。

インスタント食品ににお湯を注ぐも良し、ドリップコーヒーにお湯を注ぐも良しです。
トランギアケトルでドリップコーヒー
、軽いのでシングルバーナーにも安定して乗りますのでアウトドアスポーツやキャンプに最適です。
シングルバーナーとトランギアケトル
いかがでしたでしょうか。シンプルなデザインと高機能のトランギアケトルをぜひ一度お試しください。

キャンプコーヒーで使いたいおすすめのコーヒー道具はこちらで紹介しています!→厳選したおすすめキャンプコーヒー道具!

ピックアップ記事

  1. バウルーシングル
    食材を食パンに挟み、一気に焼き上げるホットサンド。挟んだ食材たちが見事に組み合わさったホットサンドレ…
  2. eyecatchyunisera001
    コンパクトな3,4人用のバーベキューグリルユニセラTGを使って火をおこし、アルミホイル料理と炊飯料理…
PAGE TOP