WdStv

キャンプのわき役、ウッドストーブの魅力

キャンプ道具であまり聞きなれないウッドストーブ。実はこれが最強の脇役道具なんです!

【魅力1】燃料は現地調達

photo by 初心者のための登山とキャンプ入門
燃料は小さな蒔や割りばし、現場に落ちている小枝や松ぼっくりなど細々した材料を使います。
そもそもウッドストーブ自体がコンパクトなので大きな蒔や炭は入りません。
効率よく空気が入る設計となっている商品が多いので、少しの材料で火を持続的に燃え上がらせることできます。
小さな商品なので、必要材料数が少なく、材料集めも苦にならないでしょう。
【魅力2】暖房代わりに

photo by Wawhiker Backpacking
冬の寒い時期は、手がかじかむのでバーベキューグリルや焚き火で大きな火を作るまでが一苦労。そんな時に大きな火を作るまで一次的に体を温める役割を担ってくれるのがこのウッドストーブです。キャンプ場についたらまずウッドストーブに火をつけて温まりましょう。
【魅力3】ちょっとした調理に便利

photo by rakuten
ケトルでお湯を沸かす、飯盒でご飯を炊く、スキレットでカンタンなおかずを作る。。焚き火やバーベキューのような大きくて持続性のある火というよりもちょっと小一時間ばかり火を使いたい。ウッドストーブはちょっと火を使いたいときに役立つ便利な道具です。
【魅力4】ユラユラの火を見てリラックス

photo by 焚き火ストーブ.note
焚き火は炎が大きくて、豪快ですが、小さな火にはかわいさがあります。ユラユラと揺れるウッドストーブの小さな火を見ていると心が落ち着いて、いつまでも見続けれます。

【ウッドストーブで上手に自然燃料を着火させるポイント】

乾いた燃料を使う
乾いた自然燃料を使いましょう。湿っている燃料は水分が蒸発するまで燃えないですし、湿った燃料をウッドストーブ内に入れてしまうと、中の温度を反対に下げてしまうので、乾いた自然燃料を使ってください。
細い枝から使う
できるだけ細い枝を着火の際は使いましょう。着火しやすいですし、他の枝に炎が移りやすいです。細い枝を見つけれなかった場合は、枝をナイフで削って着火しやすい部分を作ってください。

photoby ZENMONDOU

このようにできるだけ薄く削って小枝代わりの着火燃料を作ります。そのままの流れで太い部分も燃えていくので、こちらの方が効率的かもしれません。

【おすすめ燃料】

まつぼっくり

photoby OKITA Blog
独特の形状から空気を中に入れやすいため、とても燃えやすいです。また松脂(マツヤニ)を含んでいる物もありますので、燃えやすいのも頷けます。
松の葉

photoby 世界最高の珈琲を沖縄で栽培する
松ぼっくりと同じように松脂を含んでいるので、燃えやすいです。そして森に行けばたくさん落ちております。松ぼっくりと松の葉を組み合わせて試してみて下さい。
小枝
最初はなかなか着火しづらいため、折った割り箸や松の葉に着火し、そこから火を移すようしてください。小枝と言っても小から大までありますので、ウッドストーブで上手に自然燃料を着火させるポイント】でお伝えした通り、小さい小枝から着火して、徐々に大きな小枝に火を移していった下さい。
固形燃料

photoby 日々いっぱいいっぱいな生活
雨が降っていて自然燃料が確保できない時は固形燃料。山や森の中は天気が変わりやすいので、雨や湿度上昇により着火に手間取る場合がありますので、予備で固形燃料は持っていきましょう。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。ポケットサイズに収まるほど小さく、軽量なのため1つ持っておくと、”ちょっとした火がほしい”時に重宝します。名脇役のウッドストーブをぜひあなたのキャンピングギアに。

ピックアップ記事

  1. バウルーシングル
    食材を食パンに挟み、一気に焼き上げるホットサンド。挟んだ食材たちが見事に組み合わさったホットサンドレ…
  2. eyecatchyunisera001
    コンパクトな3,4人用のバーベキューグリルユニセラTGを使って火をおこし、アルミホイル料理と炊飯料理…
PAGE TOP