メスティン

トランギアメスティン(飯盒)で丁寧に炊飯してみました。

トランギア社はシンプルなデザインが定評のスウェーデンキャンプ用品メーカーですが、トランギア社の代表的なギアの1つに炊飯用品メスティンがあります。いわゆる飯盒です。このメスティンはアルミニウムで作られているため熱伝導性が高く、またフタがジャストサイズではまるよう設計されています。そのため熱伝導性と密閉性の高さから一気にお米を炊き上げてくれると言われていますが、実際にこの特徴を身を持って体感するためにメスティンで炊飯してみることにします。

・メスティンで炊飯開始

まずはメスティンにお米を入れます。このメスティンは1.5合まで炊飯できますが、ギリギリまで入れてしまうと吹きこぼれるので、今回は1合の白米を炊きます。
メスティンに白米を入れた画像
そして次にこのお米を洗います。洗い方は電子炊飯器の洗い方と同じで、とぎ汁が透明になるぐらいまで何度も洗います。お米を洗う中で1つ注意点があります。それは買ったばかりのメスティンは口周りがザラザラしているため手を擦りやすいということ。そのため手を擦らないよう気を付けながらお米を洗うか、もしくは最初に紙ヤスリで手入れをしてください。10回前後、洗って、水を捨てて、また洗って..を繰り返していたらとぎ汁が透明になります。

そうなったら水を入れたまま30分待ちましょう。

炊きあがりをふっくらさせるためにお米に水を吸わせるのです。メスティンの内側には目盛りはないので、水分は目分量になりますが、水を入れた後、人差し指を上から指すように入れてお米の高さと水の高さが大体同じくらいであれば美味しい炊きあがりになると言われていますので、1つの目安としてください。
白米を水につける

こんな状態でしばらく放置しておきます↓。ホコリやムシが入らないようにメスティンのフタは閉めておくのがベターです。
フタを閉めたメスティン
30分経過しましたら実際にお米を炊いていきます。今回は固形燃料とウッドストーブを使って炊飯しますが、もちろん自宅のガスコンロでOKです。
ガスコンロで炊く場合はだいたい中火で炊くと美味しく炊けます。直火炊飯は途中でフタを開けて中身を確認できるので、火力を気にしすぎる必要はありません。
ウッドストーブでメスティン炊飯
着火後10分ほど経過しましたのでフタを開けて見てみましょう。
メスティン炊飯10分経過

良い感じにお米が水を吸ってふっくらしてきております。あまりフタを開けておくのも良くないので、また閉めて炊き続けてください。

そろそろ..

20分経ったところです。中を見てみましょう。
メスティン炊飯の炊きあがり

お米がしっかり立ったご飯が炊きあがっています。

メスティン炊飯の完成です。お米もつやつやで何とも美味しいそうな白米です。こんなおいしそうな白米のおかずにはシンプルにお漬物です。しば漬けです。
白米にしば漬け
白米にしば漬け

うん、美味しい!

一口食べるだけでお米本来の甘みと香りがお口の中に充満します。直火炊飯の良いところです。そして直火炊飯の魅力は他にも。
直火炊飯のおこげ

おこげ!/strong>

このおこげが香ばしくて美味!直火だからこそ楽しめる贅沢なごはんです。

・メスティンを使った炊飯のまとめ

いかがでしたでしょうか。トランギア社のメスティンは、アルミニウム製だからこそ熱伝導性が高く、一気にご飯を炊き上げるので、美味しくつやつやしたご飯が炊けます。取っ手が取り外し式で携帯性がバツグンなので、少人数キャンプや登山での炊飯では活躍してくれます。ぜひメスティンで炊飯をお試しください。

ピックアップ記事

  1. バウルーシングル
    アツアツ、カリカリで美味しいホットサンドはしっかりしたご飯になるし、またビールやワインのおつまみとし…
  2. eyecatchyunisera001
    コンパクトな3,4人用のバーベキューグリルユニセラTGを使って火をおこし、アルミホイル料理と炊飯料理…
PAGE TOP