660089_01

ユニフレームライスクッカーの炊飯方法を徹底解説!

ユニフレーム社からは誰でも簡単にご飯が炊けるライスクッカーが販売されています。誰でも簡単に。そう、大人でも子供でも簡単に炊けるライスクッカーです。ユニフレーム製ライスクッカーには2種類のタイプがあります。fanライスクッカーDXとライスクッカーミニDXです。fanライスクッカーDXは5号炊き、ライスクッカーミニDXは3合炊きが可能で、大きな違いはお米炊ける量だけで基本的な構造は同じです。

アイキャッチ画像:ユニフレーム

・ライスクッカーでお米を炊く


photoby 初心者のためのキャンプ道具選び
今回は「バーベキューグリルとfanライスクッカーDXを使ってお米を5合炊く場合」を例に実際の使い方を解説します。

1.5合分のお米をfanライスクッカーDXに入れてお米をとぎます。この辺りはいつもの炊飯と同じです。

2.洗った水を流したら、5合分の水を入れます。ライスクッカーの中には目盛りがかかれているので、5と書かれているところまで水を入れましょう。


photoby Bouldering camp

そのまま30分~1時間ほど水に浸します。(だいたい目安として夏場は30分、冬場は1~2時間です。)
3.バーベキューグリルの炭は強火にしてください。この辺りは感覚的な部分ですが、上から手をかざしたら「熱い!!」と言ってしまう程度の火力は必要です。網をひいてその上にライスクッカーを置き、しばし待ちます。

photoby Base Camp

4.そのまま放置しておくと、ライスクッカーのフタがグラグラと動き出します。これが1つ目の合図です。このタイミングで一旦、グリルの上から外し、グリルの炭を減らして、弱火にします。

5.弱火にしたら、再度fanライスクッカーDXをバーベキューグリルの上に置きます。しばらくするとまたライスクッカーのフタがグラグラと動き出しますが、今度は気にしません。このグラグラがなくなるまで待ちましょう。グラグラが聞こえなくなり、湯気も出なくなったらグリルから外し、5分ほど蒸せば完成です。炊き始めてからおおよそ15分ぐらいで炊きあがります。

もちろんバーベキューグリルだけでなく、アウトドア用バーナーや自宅のガスコンロでも炊けます。直火炊きのお米やおこげが食べたくなったらインドア、アウトドアでも試してみてください。

photoby 家族でゆるゆるアウトドア!!

・ユニフレームライスクッカーのまとめ

いかがでしたでしょうか。ライス専門のクッカーは数少なく、貴重なギアです。難しいことは一切なし、音で判断してご飯を炊きましょう。

ピックアップ記事

  1. バウルーシングル
    アツアツ、カリカリで美味しいホットサンドはしっかりしたご飯になるし、またビールやワインのおつまみとし…
  2. eyecatchyunisera001
    コンパクトな3,4人用のバーベキューグリルユニセラTGを使って火をおこし、アルミホイル料理と炊飯料理…
PAGE TOP