ロースタイルキャンプを実現するローテーブル

キャンプでは主流になってきつつあるロースタイル。ロースタイルを実現するには何と言ってもローテーブルとローチェアが必須なギアですが、今回特にローテーブルについて紹介します。

・ロースタイルの魅力とは?

ロースタイルは大地と近くアウトドアをより感じられるので、自然と一体の感覚になります。それに関連してタープの下にキャンプ空間を作れるという魅力から急速に広がっているキャンプスタイルです。ローテーブルは脚が短いため収納しやすく携帯に便利です。重量も軽いので、ギアによってはリュックに入れて持ち運ぶことだってできます。ギアの背が低いので小さなお子さんも快適に過ごせるというメリットもありますのでファミリーキャンプでもよく見られるスタイルです。

・ロースタイルを実現するローテーブルの高さとは?

テーブルの高さはおおよそ40cm以下がロースタイルに適したテーブルです。これくらいの高さになると目線が低くなり、見える景色が違ってきます。冬キャンプで焚き火に当たりたい際にも低い分、下半身だけでなく体全体を温めてくれます。ロースタイルの場合のご飯はせわしく動くバーベキューよりもダッチオーブン料理などのゆっくり調理するキャンプご飯の方が向いています。

・おすすめのローテーブル

・シエラブルーのテーブル


photoby 妻が突然「キャンプ推進宣言」。で、始めましたキャンプ・登山♪
重さ、コンパクトさは平均並みだが、人目を惹きつけるほどおしゃれなのがウッドテーブル。ウッド素材のテーブルはアルミやステンレスと比べると重量は重くなります。しかしながらウッド独特の風合いや使い込み、エイジングされることで醸し出されるツヤがおしゃれです。
空間デザイナーでもある代表が作るシエラブルーの木造テーブル。頑丈さの観点でいうと、ステンレスに劣るが、木造テーブルが醸し出す雰囲気がキャンプサイトを優しく仕上げてくれます。また板を組み合わせて作られているため、クルクル巻くことでコンパクトに収納できます。特に女性人気の高いローテーブルです。

・コールマン(Coleman) テーブル ナチュラルモザイクリビングテーブル


photoby 脂肪遊戯

この写真を見る限りハイテーブルですが、実はこのコールマンテーブルはハイテーブルにもローテーブルにもなる優れもののテーブル。カラフルで斬新なテーブルデザインもグッド。

・ノースイーグル(North Eagle) テーブル バタフライレジャーテーブル角


photoby 一口馬主 たかしちゃんの徒然日記

ノースイーグルから発売されているローテーブルはプラスチック製でガシガシ使えるギア。しかも4つの角にはドリンクホルダーが付いているためお子さんがドリンクをこぼす心配もなく安心してファミリーキャンプが楽しめます。プラスティック製なので危険が少ない点もファミリーキャンプに向いている理由です。

・場合によっては自作も。

キャンプ用のテーブルは自作をするツワモノもいます。持ち運びするキャンプ用品は携帯性が重要なため、普段ものづくりに関わりがない方はメーカーが作っているギアを購入する方が安心、安全ですが、DIYを得意としている人は一度挑戦してみるのアリです。

photoby ビンボウ多趣味LIFE(キャンプ日記)

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。ロースタイルキャンプを実現するために必須のギア、ローテーブルは木材、アルミ、ステンレス、プラスチックなど多くの素材があります。優しいキャンプサイトを実現したいなら木材テーブル、軽さや収納性を最重要視する場合はアルミやステンレステーブル、安全でケガを気にしたくないならプラスチック製テーブルがおすすめです。

ピックアップ記事

  1. バウルーシングル
    食材を食パンに挟み、一気に焼き上げるホットサンド。挟んだ食材たちが見事に組み合わさったホットサンドレ…
  2. eyecatchyunisera001
    コンパクトな3,4人用のバーベキューグリルユニセラTGを使って火をおこし、アルミホイル料理と炊飯料理…
PAGE TOP