ハゼ

ハゼ釣りの時期や仕掛け、ポイントを徹底解説!

ハゼは全国各地の河口域に生息している体調10~20cmほどの小さな魚です。東京湾や江戸川でもよく釣れる魚で味は淡白で癖がなく美味しい白身なので江戸前の天ぷらとしても良く使われています。

【ハゼ釣りのシーズンや時期】

ハゼ釣りのシーズンは夏から秋にかけてが釣り時期で、初夏のハゼは小さいですが、川口域に多数分布しているので、数釣りを楽しむには絶好のターゲットです。秋以降の冬から春にかけては釣れないかというと決してそういうわけではありません。ハゼの全体数は減り、浅瀬から深瀬に移動してしまいますが、冬はエサを食べてしっかり成長した大きめのハゼを釣り上げることができます。

【竿と仕掛け】

ハゼを釣る場合はアタリが分かりやすいウキ釣りがおすすめです。ハゼのウキ釣りに使う竿は4.0m前後の清流竿が軽量なので、使いやすいでしょう。釣りの重要なポイントである仕掛けですが、市販のハゼ釣り仕掛けセットを購入するか自作で仕掛けを作るかですが、今回は市販のハゼ釣り仕掛けセットを購入した前提で話を進めていきます。仕掛けセットはウキのある仕掛けを購入ください。

【釣り方のポイント】

いよいよ釣り開始です。エサはゴカイが定番ですが、ワームでも釣ることができるので、ゴカイが苦手な方はワームをエサにしましょう。釣りのポイントとして、ハゼは海底に生息しているので、必ずエサが海底につくようにしっかりとオモリを落としましょう。基本的にハゼは海中で動いているエサにはよほどのことがない限り食いつかないので、ハゼは底で釣る!イメージを持ってください。仕掛けを投入した後は、ゆっくりウキを流しながらあたりを待ちます。スッとウキが沈んだらアワセを入れてみてください。ハゼは動くものに興味を示すので、竿でエサを動かして誘いを入れてやりましょう。またハゼは群れで生息する魚なので、1匹釣れたら、周りにはほかにもハゼが生息している可能性が高いので、同じ場所で釣りを続けましょう。

ピックアップ記事

  1. バウルーシングル
    食材を食パンに挟み、一気に焼き上げるホットサンド。挟んだ食材たちが見事に組み合わさったホットサンドレ…
  2. eyecatchyunisera001
    コンパクトな3,4人用のバーベキューグリルユニセラTGを使って火をおこし、アルミホイル料理と炊飯料理…
PAGE TOP