釣り

アジのサビキ釣りに必要な道具や仕掛け、投げ方を最初から。

【サビキ釣りとは】

初心者の方の釣りイメージは竿からのびたラインの先にある仕掛けバリにゴカイなどの虫をつけて、海に投げ入れ当たりが来るまでじっと待つ。ハリは一つなので、1匹ずつ釣る。こんなイメージを抱く方が多いようですが、釣り方は様々あり、むしろ初心者の方にはまずは魚を釣り上げて「釣りは面白い。」といった経験をしてもらいたいものですが、そのように考えると初心者に最もおすすめな釣り方としてはサビキと呼ばれる釣り方です。サビキ釣りとはコマセ(撒きエサ)を海中に拡散させて魚の群れを寄せ集め、それをサビキと呼ばれる擬餌バリで釣りあげる方法です。これはゴカイなどのエサを付ける必要がなく、仕掛けを海に投げ入れるだけで魚が自動的にサビキに引っかかってくれるので初心者やファミリーフィッシングにぴったりな簡単な釣り方です。

【サビキ釣りのターゲットと時期は】

サビキ釣りの主なターゲットは動物性プランクトンを捕食しているアジ、イワシ、サッパ、コノシロです。これらの魚は群れをなして海中を泳いでいるので、タイミングが合えば、初心者でも短時間で爆釣りが期待できます。

・アジ


photoby Humdrum++

アジはサビキ釣りでで最も人気の高い魚です。アジが釣れる時期は春から秋で、春から初夏は小さな豆アジが多いですが、夏から秋にかけてはサイズアップして脂がのった味をゲットできます。

・サッパ


photoby Get Ahead! -Aheadの趣味的生活-

小骨やウロコが多く調理が面倒なので捨てられやすいたサッパですが、サビキ釣りではよく釣れます。酢漬けにすれば岡山県の郷土料理「ママカリ」に変身し、美味しく食べれます。サッパも春から秋の時期が釣りシーズンです。

・サバ


photoby 入れ食いはいつ?釣り日記
動きが俊敏な魚なので、サビキに引っかかると強い振動がきてエキサイトする魚。夏から秋の時期が旬でよく釣れます。サバは鮮度が命なので、釣った後はすぐに血抜きしましょう。

・イワシ


photoby KO-TAN の気ままに津軽

一年中釣れる魚、イワシ。カタクチイワシ、ウルメイワシ、マイワシなどがおり、見た目や味に微妙な違いがあります。

サビキ釣りでは以上ご紹介したアジ、サッパ、サバ、イワシが定番となっており、巷では「サビキ四天王」とも言われています。どのお魚も釣りごたえがあるのですが、「料理しやすい」点からアジをターゲットにサビキ釣りを紹介します。

【アジのサビキ釣り道具】

・竿


photoby winkmirrorへら彦庵 鯉釣り

竿にはそれぞれキス竿、投げ竿など狙う獲物によって竿の種類が分かれています。これは当然と言えば当然で、魚の種類ごとに生息するエリアが違うので、浅瀬に生息する魚、深淵(深いところ)に生息する魚、防波堤まわりに生息する魚などそれぞれの魚がピンポイントで狙えるように竿にも多くの種類があり同じ竿で全ての魚に対応はできません。今回のサビキ釣りに関しては2~3mほどのガイド竿がおすすめです。釣り糸を通す輪っかをガイドと言うので、輪っかがついている竿をガイド竿と呼びます。竿が長すぎるとサビキ釣りでは扱いにくいので2~3mほどがベストで、さらに言うと仕掛けが自然な動きになるよう軟らかめの竿であればなお良しです。魚が警戒しない工夫は釣果に大きく影響します。まとめるとサビキ釣りには2~3mほどの軟らかいガイド竿がおすすめです。

・リール


photooby 上州屋

海釣りは水深が深く、足場が高いことが多いので、ラインを自由に出し入れするためにリールがあったほうが何かと都合が良いです。竿にリールをセットして使いましょう。リールにはスピニングリールとベイトリールがあります。スピニングリールは軽く、オールマイティで初心者向け、ベイトリールは巻き上げ力が強く、ある程度の技術が必要なので経験者向けといった特徴がありますので、サビキ釣りにはスピニングリールを使いましょう。

・仕掛け


photoby なにも思いつかないの記

仕掛けは極力シンプルなタイプを選びましょう。一般的には針のサイズが4~6号、ハリス、0.6~0.8号のものがおすすめ。釣りの最中仕掛けが壊れたりすることがあるので、予備も2,3個購入しておきましょう。

・コマセカゴ


photoby それでも空は蒼いから~蒼天の心~

市販のコマセカゴを使ってください。コマセカゴにも関東式、関西式といったタイプがありますが、基本的にはどちらでも問題ないでしょう。

・オモリ

Maioka FC
仕掛けにセットするオモリはナス型タイプを使用してください。重さの目安は1~2号は目安です。

以上でサビキ釣りに最低限必要なセッティングはできました。他に揃えておく道具としては以下があります。

・冷凍アミコマセ


photoby サワムラ
サビキ釣りではエサを使わない代わりにアミエビというプランクトンをコマセとして使います。このコマセをコマセカゴに入れて魚をおびき寄せるために使います。

・コマセバケツ


photoby 釣行好調

冷凍アミコマセはパックされて売られているので、実際のサビキ釣りで使う場合はそのままでは使いづらいため、コマセバケツに移して使います。その方が解凍しやすくなりますし、コマセに詰めやすいので、サビキ釣りでは準備したほうが良い道具です。

・クーラーボックス


photoby 気まま釣行記
釣ったアジの鮮度を保ち、自宅に持ち帰るためや自分のドリンクを冷やすために準備したほうが良い道具。クーラーボックスは椅子代わりにもなります。

・水汲みバケツ


photoby 長久手おじさんの雑記帖
アミコマセは小さなプランクトンなので飛び散りやすいですし、コマセにセットする際に手が汚れることがありますので、バケツを準備しておけば、そこで汚れた手を洗うことができます。釣った魚を洗う用としても活用できます。

【サビキ釣りの投げ方とポイント】

1.コマセカゴに解凍したコマセを詰めます。大体コマセカゴの8分目まで詰めますが、ギューっと押し込むのではなく、ただ注ぎ入れるようなイメージで詰めてください。
2.ゆっくりと仕掛けを投げ入れます。1つの仕掛けに5,6個サビキが付いているのでラインが絡まないように注意してください。オモリが下についたらリールを操作してラインをピンッと張ります。
3.竿先を数回上下させて海中にコマセを拡散させます。激しく上下させるとコマセがすぐになくなってしまうので、適度に動かします。
4.1~3を繰り返します。「ブルブルッ」といったあたりを感じたらゆっくり巻き上げます。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。今回はサビキ釣りをご紹介しました。この釣り方は手が汚れづらく、初心者でも釣果が出やすい釣り方です。そしてアジ、サッパ、サバ、イワシといった回遊魚が対象となるので、その群れがたまたま近くを泳いでいたら面白いようにサビキに魚がかかります。ぜひサビキ釣りで「ブルブルッ」を体感してください。

ピックアップ記事

  1. バウルーシングル
    食材を食パンに挟み、一気に焼き上げるホットサンド。挟んだ食材たちが見事に組み合わさったホットサンドレ…
  2. eyecatchyunisera001
    コンパクトな3,4人用のバーベキューグリルユニセラTGを使って火をおこし、アルミホイル料理と炊飯料理…
PAGE TOP