Cmp003

されどライト、だけどライト。光を発するキャンピングギアはどれだけあっても良い。

明かりはインドア、アウトドア問わず必要不可欠で、現代人にとって明かりがない生活は考えられません。アウトドアでは、自然に耳を澄ませて視界からの情報をシャットダウンして「自然音を楽しむ。」というのもキャンプの醍醐味ですが、しかしながら万が一のためにライトは持っておきたいギアです。アウトドアでも活用できるライトは大きく分けてヘッドライトとソーラーライトがあります。

【ヘッドライト】


photoby Yamakei online

ヘッドライトはキャンプシーンで活躍してくれるアイテムです。特に暗闇の中で作業をするときはうってつけのギア。頭に装着することで視線と同じ方向を照らしてくれるし、また左右両手を塞がないので作業効率が落ちることもありません。夜の暗闇の中、初めてのキャンプ場でどこにトイレがあるかわかない。」ってこともありえます。ちょっとした光が必要な時に輝くギアです。

【ソーラーライト】


photoby 大(ダイ)好きキャンプ

こちらはどちらかといえばサブのライト。というのもキャンプ場では、コンセントがないところがチラホラあり、ライト用にと考えていたLEDランタンやスマートフォンが充電できないことがあります。基本的にはないんだけれども、やはりそこは絶対と言い切れないところでもあります。万が一に備えての二番手のライトでご存知の通りソーラーライトは太陽光による充電なので、晴れの日であれば現場で充電ができます。キャンプ場についたらすぐ外に出しておけば、太陽光のエネルギーを吸収し、自動充電してくれます。

【光物を上手に活用するためのプラスアルファアイテムはスタンド!】


photoby 怪傑!ド・エリート男爵!

長いスタンドの上部にライトやランタンを取り付ければ、キャンプサイト全体を明るく照らしてくれます。フックがついているスタンドが多いので、安心して設営できます。折り畳み式でコンパクトに収納できるので、自宅に置いていてもかさばりません。焚き火をみんなで囲みながら、少し離れた場所に設営すれば、明るすぎない抜群の光量がキャンプサイトを照らしてくれます。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。キャンプ用のライトはヘッドライトとソーラーライトがあります。ヘッドライトはアウトドアスポーツでも重宝します。特にリスクが高いクライミングや登山、また暗がりの夜でも楽しめるフィッシングにはライトがあれば、パフォーマンスを高めてくれること間違いなしでしょう。普段、インドアでもライトがそばにあれば、防災用としても活躍してくれます。

ピックアップ記事

  1. バウルーシングル
    アツアツ、カリカリで美味しいホットサンドはしっかりしたご飯になるし、またビールやワインのおつまみとし…
  2. eyecatchyunisera001
    コンパクトな3,4人用のバーベキューグリルユニセラTGを使って火をおこし、アルミホイル料理と炊飯料理…
PAGE TOP