PcCmp001

パッキングキャンプの魅力まとめ!

必要なキャンピングギアをリュックに詰めこみ、キャンプに行く。運搬に苦労するギアはいらない。必要な物はリュックに収納できるバーベキューグリル、焚き火台、テーブル…。そんなスモールでコンパクトなキャンプ「パッキングキャンプ」の魅力をまとめました!

【すぐに準備できる】

PcCmp003
小さなギアを選び、リュックに詰めれば、すぐにキャンプの準備が整います。収納や運搬に苦労する大きなギアではなく、コンパクトに収納でき、軽いギアでキャンプをすればすべて快適。1~2人ほどのキャンプであれば1つのバックパックに収納できますし、むしろそれぞれが1つリュックを背負って荷物を分担すれば、大規模なパッキングキャンプも可能です。「キャンプに行こう。」と思い立ったら5分で準備が完了します。

【移動手段が自由】

PkCmp001
軽量で収納できるギアを選んでパッキングすれば、荷物はリュック1つ!そのため移動手段の選択肢が大幅に増えます。車にパッキングしたリュックを詰めるのも良し、バイクの後ろに縛り付けるもよし、電車やバスでのんびり移動するもよし、徒歩でもっとのんびり移動するも良しです。自由がきくので移動方法はその日の気分で決めれます。これでキャンプに行くハードルが一気に下がります。

【片付けがラク】


photo by 山とカメラと飯盒と
キャンプの片づけは時間がかかりがちですが、小さなギアであれば、片付け、収納がラクにできます。大がかりな掃除も必要ありません。きれいに掃除したものをリュックに詰めれば即終了。キャンプ場と車の往復なんてありえません。即設営、即撤収の時間がかからないスマートなキャンプが実現できます。

【クール】


photo by 楽天
リュック1つでキャンプに来ているのは効率的に荷造りができている証でもあります。大荷物を持ったり、肩にかけて大変そうに運ぶよりリュック一つで運ぶ方が余裕を感じられます。道具が限られる分、やれることも自ずと限られてしまいますので、泊まりは難しいかもしれませんが、日帰りのライトキャンプにはパッキングできる道具だけでも十分楽しめます。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか、「パッキングキャンプ」。すぐに準備ができる、移動手段は自由、片付けがラク、そしてクール。この4つの特徴を持ったスモールでコンパクトなキャンプ「パッキングキャンプ」をぜひ実践してみてください。

ピックアップ記事

  1. バウルーシングル
    食材を食パンに挟み、一気に焼き上げるホットサンド。挟んだ食材たちが見事に組み合わさったホットサンドレ…
  2. eyecatchyunisera001
    コンパクトな3,4人用のバーベキューグリルユニセラTGを使って火をおこし、アルミホイル料理と炊飯料理…
PAGE TOP