焚き火台

いい焚き火のところにナタあり。

焚き火を作るための薪には段階ごとに適切な大きさ、太さがあります。まず最初は、小枝や松ぼっくり、新聞紙などで火種を作り、炎が燃え上がってきたら細い薪、火がキープできるようになれば、太い薪を投入。といったように適切な薪を適切なタイミングで投入すれば、薪をムダにせず、素早く焚き火を作れます。しかしながらキャンプ場もしくは市販で購入する薪は、細い薪から太い薪までバランスよく混ぜ込んでいないので、美しくかつ早く炎を作りたいなら自らが手を加えて、異なった太さの薪を作る必要があります。そのために活躍してくれるギアがナタです。上手に炎を作るキャンパーのそばにはナタがあります。

【そもそもナタとはなんでしょう?】

斧と混合しやすいのでまず斧との違いを紹介します。

photoby CAMP*SITE
斧は長い柄の先に重い刃を装着した刃物で、両手もしくは片手で持ち、体全体を使ってたたき切る道具です。コントロールはしづらいですが、柄の長さ、重い刃によって破壊力が増すため、丸太切り、薪割りに活用できます。上画像の手前にあるギアです。

一方でナタは、短い柄の先に刃を装着した刃物で、片手で持つのに適しています。ナタは薪割り、木の枝切り、木を削る、小動物の解体などに適してきます。上画像の奥にあるギアです。オノと比較して軽く、小さく、そしてコンパクトなので、体に装着したり、リュックに詰めて持ち運ぶことが可能です。ナタには大きく「両刃」と「片刃」の2つに大別でき、それぞれ得意とする使われ方があります。

【両刃】


photoby Anonymous weblog
右面、左面に刃がついており、対象物に対して垂直に当てる作業に向いています。例えば、薪割りは上から薪に垂直に当てるので、薪割メインで使う場合はこの両刃のナタがオススメです。画像のように両刃ナタを垂直に振り落とし薪に食い込んだところで、ナタをハンマーで打ち付ける、もしくは薪に刺さったナタの柄を持った状態で薪を地面に何度もぶつけることで割っていきます。

【片刃】


photoby 工房楽木の徒然草
どちらかの側面のみ刃がついていて、両刃よりも刃の角度が鋭いため、刃先が食い込みやすく、木削り、枝切りなどの細かい作業に向いています。他には料理道具として使えます。用途は限られますが、例えば、お肉やお魚を骨ごとぶった切る料理にはナイフや包丁だと難しいので、ナタが活躍してくれます。片刃は刃が付いている側により右手専用か、左手専用に分かれます。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。ナタは軽く、携帯しやすい大きさです。キャンプ中はナタ専用ケースを腰に装備すればナタを常に装着しておくことができます。縁の下の力持ちのナタ。いい焚き火のところにはナタがあります。

ピックアップ記事

  1. バウルーシングル
    アツアツ、カリカリで美味しいホットサンドはしっかりしたご飯になるし、またビールやワインのおつまみとし…
  2. eyecatchyunisera001
    コンパクトな3,4人用のバーベキューグリルユニセラTGを使って火をおこし、アルミホイル料理と炊飯料理…
PAGE TOP