Pvt001

キャンピングギア:防水ケース何がいい?

今や情報端末(PC,タブレット、スマートフォン)は普段の生活と切り離せなくなりました。キャンプ、サーフィン、登山、フィッシングなどのアウトドアスポーツにおいてもそれを手助けするようなアプリケーションが盛んに登場しています。もはや情報端末はインドア、アウトドア問わず常に携帯するものですが、しかしながらアウトドア環境に精密で耐久性が乏しい情報端末を晒すことは壊れるリスクをはらんでいます。この情報端末をアウトドアで生かしたいけど、情報端末自体を殺してしまうかもしれないという矛盾を解決するのはやはり防水ケースが必要となるでしょう。情報端末をアウトドアで壊してしまうというリスクを考えたときに自然現象の中で何が一番リスクかと考えた場合、それは水です。水、つまり雨はキャンプやどのアウトドアスポーツでも発生しうることです。アウトドアにいるから当然です。そういった中で情報端末を守るということは、水から守るということとイコールになります。今回は防水ケースについて紹介します。大きく分けて防水ケースは、まとめてケース、都度ケース、いつでもケースの3タイプに分かれます。

【まとめてケース】


photoby 楽天

頑丈な防水ケースで、比較的スペースに余裕があるので、何人分かの情報端末をまとめて収納できます。キャンパー仲間で1つ持っていれば、防水対策はばっちりになるタイプの防水ケースです。衝撃にも強いので、安心して端末を収納できます。

【都度ケース】


photoby http://shinfunabashi.jugem.jp/?eid=402
雨が降った際に収納する防水ケースです。開口部はジッパー仕様になっているタイプが多いので、防水性は高いです。ほとんどの場合、付属品がついているので、なくすリスクも低いです。

【いつでもケース】


phptpby iをありがとう
もはや雨が降っていようがいまいが常に装着できるタイプの防水ケースです。見た目は一般的なスマホケースと遜色がないため普段使いで利用できるタイプです。アウトドアシーン限らず、雨を気にせずに生活できるので、日常においても便利なケースです。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。防水ケースには、まとめてケース、都度ケース、いつでもケースがあります。この防水ケースがあれば、アウトドアシーンにおいても情報端末を気にせずに思いっきりエンジョイできます。

ピックアップ記事

  1. バウルーシングル
    アツアツ、カリカリで美味しいホットサンドはしっかりしたご飯になるし、またビールやワインのおつまみとし…
  2. eyecatchyunisera001
    コンパクトな3,4人用のバーベキューグリルユニセラTGを使って火をおこし、アルミホイル料理と炊飯料理…
PAGE TOP