Kif001

キャンプ用ナイフを徹底解説!

食材を捌くために必要不可欠なギア:ナイフ。アウトドアスポーツメインのキャンプであれば、インスタントフードで済ませることもありえますが、一般的なキャンプなら食事はメインイベントの1つ。調理には欠かせないギアがナイフです。ナイフにはキレを重視したタイプ、プラス1機能のナイフ、多機能ナイフがあります。

【キレナイフ】


photoby 京極の酔生夢死日記
「食材をカットする」ナイフ本来の役割を第一命題として作られているナイフなので、当然ですがキレが抜群に良い。捌きにくいお魚やお肉の塊もサクッと切れます。定期的に研げば、切れ味も増します。

【プラス1ナイフ】


photoby ROCK ON!
カットする機能にプラス1の機能を追加しているナイフ。例えば、フィッシング向けに海水に触れても錆びないようなナイフや極めて低温であっても切れ味がバツグンなナイフなどがあります。環境変化が激しい自然が相手なので、使うシーンに合わせて効果を最大限発揮できるよう工夫されているギアがこのナイフです。

【多機能ナイフ】


photoby shave off mind
ナイフ本来の機能以外に缶切り、栓抜き、ピンセットなど数多くの機能が収納されているナイフ。アウトドアシーンでは様々なハプニングが起こることがあります。多機能ナイフは食事シーンでもちろんのこと役立ちますが、例えば小さな木のトゲが指に刺さればピンセットで抜けますし、工具が必要になればマイナスドライバーが付いていいます。多機能ナイフは様々なシーンで活躍してくれる便利なナイフです。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。基本的には食材をカットするために役立つナイフですが、キレを重視しているナイフ、カットにプラス効果があるナイフ、多彩な機能を持ち合わせているナイフがあります。実際に使うシーンをお考えになって最適なナイフをお選びください。

ピックアップ記事

  1. バウルーシングル
    食材を食パンに挟み、一気に焼き上げるホットサンド。挟んだ食材たちが見事に組み合わさったホットサンドレ…
  2. eyecatchyunisera001
    コンパクトな3,4人用のバーベキューグリルユニセラTGを使って火をおこし、アルミホイル料理と炊飯料理…
PAGE TOP