Bar001

お酒好きなキャンパーはキャンプ場に特設バーを。


photoby Bar Times
アウトドアで飲むお酒は何とも美味しい。缶ビールがあればそれで十分楽しいですが、よりお酒を楽しみたい方にお勧めは特設バー。グッと雰囲気が出てお酒が一層美味しくなります。使用するギアは、普段のキャンプで使うギアばかりです。

【非日常】


photoby ゆうくんパパの育児日記
キャンプ場に特設バーを作る魅力はなんでしょう?ずばりそれは、非日常空間を味わえるという点です。キャンプ場には穏やかな風と自然の音、そして星空。ジャズが流れる室内バーは素敵ですが、自然の音を聞きながら飲むお酒も普段とは違う雰囲気でまた格別に美味しくなります。お酒と自然の音、風景という組み合わせは街中での生活と比べると非日常空間ですが、最も非日常的な点は火を囲みながらお酒を嗜むこと。小さく、ほのかに燃える焚き火を囲ってお酒を飲めば何とも素敵な空間に早変わりします。焚き火でお酒を温めればホットドリンクが楽しめますし、おつまみが欲しくなったら焚き火に何でもかざしてください。誰かがわざわざ席を立って調理することなくおつまみが出来上がります。
そしてバーと言えば、静かにお酒を飲むイメージが強いですが、キャンプ場であれば、むしろワイワイ騒ぎながら飲めます。当然、他のキャンパーに迷惑となってはいけませんが、キャンプ場は広いので、室内バーと比べると断然騒ぎながら飲みやすいです。そして昼間から飲める点も魅力的。もちろん、普段、街中でお昼からお酒を飲んでいる人はいますが、昼間にお酒を飲みながら騒ぐのは、周りの目がかなり気になるものです。しかしキャンプ場ではノープロブレム。キャンプ場に特設バーを設置して昼間からワイワイやりましょう。普段のギアでバーが作れます。準備するギアは高めのテーブル、ランタン2つほど、タープ、クーラーボックス、リキュール、カクテル。そして前には燃え上がっている焚き火とそれを囲むように置かれているチェア。これで特設バーが出来上がります。

photoby LITERALLY

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。活発なアウトドアの空間にインドアイメージが強いバー。自然空間に身をゆだねながら、ランタンや焚火のぼわっとした光を感じ、見つめながらムーディーにお酒を楽しんでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. バウルーシングル
    アツアツ、カリカリで美味しいホットサンドはしっかりしたご飯になるし、またビールやワインのおつまみとし…
  2. eyecatchyunisera001
    コンパクトな3,4人用のバーベキューグリルユニセラTGを使って火をおこし、アルミホイル料理と炊飯料理…
PAGE TOP