燻製

おすすめ燻製器(スモーカー)徹底解説!少し業務用も!

燻製調理することで食材の味が格段に良くなり、香ばしい香りと深い味わいが出ますので、燻した食材はお酒のお供として最高です。「燻製」はもともと保存食を作るための調理法とされていましたが、バーナーギアや焚き火ギアの発達とともにキャンプシーンにおいても燻製料理は定番になりつつあります。燻製はスモークチップに着火して煙を食材に浸透させるだけで全く異なる味に変わります。ベーコンやビーフジャーキー、魚などの本格的な燻製は格別ですが、身近にあるゆで卵やチーズの燻製も最高のおつまみに変わります。「味が格段に向上し、保存食になる燻製」をぜひお楽しみください。

photoby スローで行こうよ

アイキャッチ画像:toyo’s Page

【おすすめの燻製器】

・コールマンステンレススモーカーⅡ


photoby くろすけとのんびり温泉

小さな食材から大きな食材まで対応できる燻製器。チーズや卵などの比較的場所をとらない食材は2段にして大量に燻製が可能で、ベーコンや魚などの大きな食材を燻製する際は蓋の裏に専用フックをつけて吊るし燻製ができます。下部窓が付いているので簡単にスモークウッドの追加が可能です。

・BRINKMANN(ブリンクマン)スモーカー&グリル


photoby ゆとりの旅日記

コストコで購入できるブリンクマン。これ1台でグリル、ロースト、スチーム、スモークが楽しめます。

・サーモス保温燻製器 イージースモーカー


photoby Life is good!

セラミック鍋で作るので、最初に数分燻した後は、火から下してもセラミック特有の保温効果によりしっかりと火が入ります。無煙とまではいきませんが、煙が少なく、家庭用燻製器として使用できます。

・いぶしぎん


photoby 「 簡単レシピ×おいしい料理 よりどり 彩り Cooking !! 」

歴史ある土鍋メーカーが作る家庭用燻製器。水を注ぎ入れることで煙が出にくい構造を作り出しています。

・ソト(SOTO) 燻家 スモークハウス


photoby TAKALOG

ダンボール製なので燻製をお試ししたい方には燻家スモークハウスがおすすめです。と言っても1度きりの使い捨てではなく、数回、大事に扱える人は数十回ほど使えます。燻製の仕方が丁寧に外壁に記載されているので、この説明文を見ながら燻製を実践できます。

・RI-PRO完全無垢スモーカー


photoby WHISKEY&SMOKE!

大量に作りたいならばこの業務用燻製器。木製な点も珍しいです。

・スモークポットIH


photoby タキネーの実験ブログ
IH対応の新感覚燻製器です。もちろんガスコンロでも利用できますが、オール電化やガスコンロがない家庭でも燻製が楽しめます。密閉タイプで煙が出にくい点も魅力です。

【燻製器にプラスアルファの燻製手助け品】

美味しい燻製を作るうえで最も大切なポイントは「温度管理」です。温度を常に注意しながら燻すことで食材に適した燻し方が実現できるので温度を測定する機器は燻製では必須になります。代表的な機器としては温度計とサーモスタットが挙げられますが、そもそもほとんどの燻製器には温度計が付属しているので心配いりませんが、万が一付いていない場合は、温度計もしくはサーモスタットも一緒に購入してください。温度計は一般的なので大多数の方がご存知だと思いますが、サーモスタットは初耳の方もいると思いますので、サーモスタットについて簡単に説明します。
↓サーモスタット

photoby ◆◆えびの河◆◆のブログ

サーモスタットは自動で温度調整をしてくれる機器で温度が一定以上もしくは一定以下になったときに自動で電流を調整することで燻製器内部の温度を調整してくれる機器で温度管理が重要な燻製にとっては非常に助かる自動温度調整機器です。理科の実験で使うような品なので抵抗がある方は使わない方が無難ですが、燻製の温度管理につきっきりになりたくない方はぜひ使い方をマスターしてみてください。

・インドアでのお手軽燻製


photoby CLUB PUNTO
インドアでは家庭用の燻製器を使用するか、もしくは80℃以上の高温で燻製をする場合(熱燻という)は数分から1時間で食材に香りが付きますので、インドアお手軽燻製はこの熱燻で試すのが良いでしょう。食材は冷蔵庫に入っている物でOK。本来の燻製は、「塩漬け」といって塩を浸透させる工程があります。この工程を省くため「塩分の高い食材」ゆで卵、ウインナー、チーズ、お漬物などを選んでください。いつものおつまみが別物になります。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。燻製は少しハードルが高そうなイメージを持たれがちですが、そんなことはありません。そして燻製器(スモーカー)があれば、キャンプ場でもインドアでもできます。最も時間がかかる冷燻という方法は、15℃~30℃の温度設定で1週間~4週間燻し続けますが、この冷燻はお仕事をしている方はスケジュール的に難しいので、熱燻か温燻をオススメしています。温燻は30℃~60℃で1時間~1日の燻し時間ですので、休日で充分作れます。燻製器(スモーカー)で贅沢なおつまみを作りましょう。

ピックアップ記事

  1. バウルーシングル
    アツアツ、カリカリで美味しいホットサンドはしっかりしたご飯になるし、またビールやワインのおつまみとし…
  2. eyecatchyunisera001
    コンパクトな3,4人用のバーベキューグリルユニセラTGを使って火をおこし、アルミホイル料理と炊飯料理…
PAGE TOP